いつみ

三連装でも四連装でもすれば、変態的な砲塔配置に
しなくたって簡単に数を増やせるわよ・・・


確かに、後にアメリカはデイモン級などで三連装の
重巡洋艦を建造してはいますが、それは軍縮条約が
廃棄された2万トン近い大型艦だから出来たことで、
戦艦等と違い船幅が制限される巡洋艦では簡単では
ないのですよ・・・

幅が狭いといったって砲塔がはみ出るほどじゃない
のだから、問題ないんじゃないの・・・

いや、砲戦時の安定性を得るためには装備している
砲塔幅の3倍の船幅が必要っというのが艦船設計の
常識で、8インチ砲の場合は砲自体の幅が2メートル
程度ですので三連装ですと6メートルと両脇に砲員が
乗りますので2メートル足して8メートル・・・
これを3倍すると24メートル幅となって巡洋艦に絶対
必要な高速力が発揮できなくなります・・・

連装だと砲塔幅が6メートルで船幅が18メートル・・・
確かに実際の妙高が18.999メートルなのね・・・